株式会社ウェブプランニング 栃木県小山市のホームページ制作会社

 0285-22-7657

White Hat SEO標準装備

SEO(検索エンジン最適化)の理想と現実

ウェブプランニングではオリジナルコンテンツの充実こそSEOだと考えます

弊社に寄せられるご相談で最も多いのが、SEO(検索エンジン最適化)についてのご相談です。

理想と現実を踏まえて対応すべき課題であり、どんなに見た目の美しさや最新情報の充実した立派なサイトでも、アクセスがなければ意味がありません。 そのため、多くのユーザーが利用するGoogle・Yahoo等の検索エンジンで、自社サイトが上位表示されるか否か、はビジネスにおいて死活問題になりかねない重要な課題です。

一方で、検索エンジンは、ユーザーに対してより有益なサイトを提示するためのアルゴリズムを用い、様々なフィルターを使って、検索結果を最適化しようとしており、行き過ぎたスパム行為を行なったサイトにはペナルティーを課すこともあります。ペナルティー受けたサイトは、検索結果の表示順位が下がってしまったり、さらには検索結果から削除されてしまう場合もあります。

White Hat(ホワイトハット)SEOを推奨します

White Hat(ホワイトハット)

弊社では、検索エンジンのガイドラインに沿った形で、オリジナルコンテンツを充実させ、文章構造や内容に合った適切なマークアップを施すことで検索結果の上位表示を目指す「White Hat(ホワイトハット)」と呼ばれる手法を用いたSEO(検索エンジン最適化)をご提案しています。

Black Hat(ブラックハット)

White Hat(ホワイトハット)に対して、リンクファームやホームページ自動生成プログラムなどを利用して大量の被リンクを受ける、文章構造や内容を無視してキーワードを埋め込むなど、作為的に検索エンジンを騙すようなトリッキーな手法、ユーザーの利便性を無視したような手法は、Black Hat(ブラックハット)と呼ばれます。

被リンク対策はナチュラルリンクが基本

質の良い被リンク(外部リンク)を多く集めているホームページは、検索ランキングで上位に表示されやすくなります。 そのため、被リンクの質と量を得るための対策が必要です。 特に最近は、検索エンジンのアルゴリズムが進化して、量以上に質が重視される傾向があります。

質の良い被リンク

では、質の良い被リンクとはどのようなリンクなのでしょうか。 それは、リンク元のページのコンテンツが充実しており、さらに多くの良質な被リンクを持っているページからの被リンクということです。 被リンクの量を重視するばかりに、検索エンジンの評価が低いページ、ペナルティーを受けているようなページからリンクを受けることはむしろ避けるべきです。

ナチュラルリンク

さらに、「ホームページを見た人間が評価して誰かに教えたい」と自然にリンクを張るようなナチュラルリンクであることがポイントになります。 以前は、SEO対策として大量のリンクを得るため有料のリンクファームからリンクを購入したり、リンク元として大量のサテライトページを自動生成し、そのページからリンクを張るような方法が効果的だったこともありました。 しかし、このような不正なやり方はリンクの質の部分で評価されないばかりか、検索エンジンからのペナルティーを受けやすいというリスクがありますのでお勧めできません。

コンテンツの充実こそSEOの本筋

SEO(検索エンジン最適化)にかける時間と労力を考えれば、その時間と労力をオリジナルコンテンツの充実に当てるべきです。オリジナルコンテンツが充実することでホームページのボリュームがアップしてロングテール化されることになり、結果としてアクセスが増えることにつながります。

ライティング

クライアント様にご用意いただいたテキスト原稿は、ホームページに使用する前に弊社で校閲させていただきますので、形式張らずにラフな原稿でご入稿いただくことが可能です。また、文章を作成する時間がないというクライアント様には、ご用意いただいた資料を元に弊社にてプロライターによるライティングをご提供しておりますので、お気軽にお申し付けください。

文章の構造化とマークアップ

ホームページ全体を構造化すると同時にページ毎のコンテンツを構造化することによって、閲覧者にわかりやすく内容を伝えることができると同時にSEOとしても大変有効あるといわれています。弊社では、ホームページ制作時にコンテンツとなるテキストを適切に構造化してマークアップするように務めています。

© 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。